トップ / 病院への後払いの注意

後払いと病院について

病院への後払いの注意

後払い分は病院で全てを精算する

手持ちの診察代金が足りなくて後払いを選択したなら、責任をもって債務を全うする心がけが大切です。慈善行為に取り組んでいるわけではないので、一人ひとりの患者が請求金額を提供しないと運営できなくなります。病院を利用する自身はおろか他の患者をも困らせてしまいますから、疾病で体を動かしにくい場合でも金策に走るべきです。後払いする宣言をしたにもかかわらず一向に債務を履行しないと、先方も黙ってはいません。病院が独自に契約を交わした法律の専門家を迎えることによって、回収できていない診察代金を直接的に請求してきます。

不誠実な後払いなら容赦しない

かさみ続ける出費で後払いを軽視するようなことになれば、医療従事者および運営組織は黙って見過ごしてくれる可能性は著しく低いです。民事的なやり取りで認められる範囲内で督促を行い、後払いがなされなければ病院は強行的な手段に出ます。送付した記録が公的に残る手紙を出すことによって、相手方に催告して時効の成立を阻みます。なおかつ不誠実な対応が続いているのであれば、法律行為を執行する足がかりとなる機関へ出向き病院の主張を伝えます。結果として患者の財産の一部から弁済させられる権利を得るので、踏み倒す行為は成立しません。

↑PAGE TOP