トップ / 病院への郵便物の書き方

病院へ郵便物を送る

病院への郵便物の書き方

病院宛の郵便物の宛名の書き方

郵便物の宛名の書き方には、相手によって決まりがあります。会社宛であれば社名の後に「御中」、個人宛であれば名前の後に「様」を付けるのが一般的です。病院宛の場合も、会社同様、「御中」を付けます。但し、病院には多くの医師が在籍していることが多いので、紹介状やお礼状など、特定の医師に向けた郵便物の場合には、必ずその医師の名前を宛名に入れる必要があります。医師宛に出す郵便物の場合には少し特殊で、医師の名前の後に「先生御机下」という言葉を付けます。適切な言葉を使って、郵便物が希望する相手に確実に届けられるようにすることが大切です。

病院への宛名書きの注意点とは

手紙を書く機会は仕事をしていく中で多いですが、病院に送る機会も増えていきます。その際、多くの方がミスをしがちなことが宛名書きです。書く際に病院をかくことは基本ですが、法人団体に所属している場合、その法人名が抜けてしまうというケースも報告されています。法人名がなくても送付する上では特に問題はなく、無事に届きます。しかし礼儀・マナーとしては好ましくありません。特に受取人は重役になるケースもあります。そのため宛名の書き方一つでその人の評価を落としてしまいかねません。その子とかr真央書く際はしっかりと法人名を含め、正式名称で書くことが求められます。

↑PAGE TOP